【時制表現】 仮定法について

 

この記事を書いている人 - WRITER -

今回の例文

Ex)

If I were you, I would not marry such a man.

仮定法とは?

現実離れしていることを表現したいとき、あえて、時制を過去にずらして表現する方法のこと。

時制を過去にすることで、過去形には距離を取るコアイメージがあるため。

もし、私があなたなら、あんな男と結婚なんてしないのになぁ・・・。

つまり、現実は結婚している(する)わけです。

仮定法=現実離れしている表現と覚えておきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジュアライズ イングリッシュ , 2017 All Rights Reserved.